2009年03月07日

映画「余命」を見ました。

去年の11月に見た映画「ブタのいた教室」から4ヶ月ぶりに、
http://takuo-diet.seesaa.net/article/109494670.html
映画館に映画を見に行きました。
昨日3月6日で、ロードショー終了の映画「余命」です。

最近卓男は、医療ものの小説にハマっています。
渡辺淳一とか(失楽園などの恋愛ものではないですよ)

その中で、映画「余命」の原作(新潮文庫刊;谷村志穂)を読みました。
渡辺淳一とはまた違う、女性が書いた繊細な心情が伝わってくる小説でした。
ぜひ映画を見てみたいと、前から思っていました。
春休み映画に入れ替わる直前、公開最終日の金曜日にやっと見に行くことができました。


matuyuki.jpg

http://www.cinemacafe.net/official/yomei-love/index_pc.html


解説: がんの治療と出産のはざまで葛藤(かっとう)する外科医と、
その夫を描く珠玉の人間ドラマ。
「海猫」などの著作で知られる谷村志穂の同名小説を基に、
「3年B組金八先生」シリーズや『手紙』を手掛けた生野慈朗が監督を務める。
苦渋の選択を迫られる主人公に挑むのは、『フラガール』の松雪泰子。
『さくらん』の椎名桔平が、主人公を支える夫を演じる。
繊細(せんさい)かつ強く生きようとするヒロインを通して、
命の尊さについて深く考えさせられる。(シネマトゥデイ)

あらすじ:
結婚10年目にして、赤ちゃんを授かった38歳の滴(松雪泰子)。
夫の良介(椎名桔平)と喜び合っていたのもつかの間、乳がんが再発してしまう。
自分の体と病の進行を十分に知り尽くす外科医の滴は、
治療を進めるには出産をあきらめなくてはならないことを悟り……。
(シネマトゥデイ)


この物語の中で、大きなキーワードとなるのが絵本「モモ」です。
モモ―時間どろぼうとぬすまれた時間を人間にかえしてくれた女の子のふしぎな物語 (岩波少年少女の本 37)モモ―時間どろぼうとぬすまれた時間を人間にかえしてくれた女の子のふしぎな物語 (岩波少年少女の本 37)
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] モモ―時間どろぼうとぬすまれた時間を人間にかえしてくれた女の子のふしぎな物語 (岩波少年少女の本 37)
[著者] ミ..
>>Seesaa ショッピングで買う

卓男はこのお話を知りませんでした。
今度、読んでみたいと思います。

松雪泰子が演じる主人公の38才の女医 滴は、とても強い女性です。
さすがは『ゾウが踏んでも壊れないプライド』の「白鳥麗子でございます」の主役です。
siratori-reiko-b1.jpg

仕事もバリバリこなし、カメラマンの夫を経済的に支え、病気と妊娠の間の
苦渋の選択もひとりでやってしまいます。
そんな女性でも支えになる人が必要なのだと、あらためて思いました。


ピンクリボン運動 コニカミノルタ
http://konicaminolta.jp/pinkribbon/index.html?cid=JPK0903Lovt

pinkribon.jpg


みなさんも、みなさんの大事な人もピンクリボン運動に関心を持ってください。

ピンクリボン運動は1980年代にアメリカで始まりました。
乳がんで若くして亡くなった女性の母親が、
残された家族と一緒にピンクリボンを作ったのが最初と言われています。
「乳がんで命を落とさないように」という女性たちへのメッセージと
「同じ悲劇を繰り返したくない」という母の思いが込められています。
当時のアメリカでは乳がんにかかる女性は8人に1人と多く、死亡率も高かったそうです。
一方、日本でピンクリボン運動が広まったのは2000年代に入ってからのこと。
街を歩いて乳がんを啓蒙するウォーキングや、ピンク色にライトアップされた東京タワーや
レインボーブリッジなどが人々の注目を集めました。
posted by 卓男 at 22:44| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
実は自分はまだ一度も乳がん検診をしてません。

町の検診が40歳以上からなので、
どうしても足がなかなか病院へむかなくて・・・

でも、予約してマンモしてきます。
Posted by かの at 2009年03月08日 00:27
>かのちゃん
乳がんは自分で見つけることのできる唯一のがんで、
マンモグラフィーと触診が診断の両輪で、どちらも大切だそうです。

お子さんのことなど忙しいと思いますが、
自分の健康も、家族のためにも大切ですからね!
Posted by 卓男 at 2009年03月08日 08:04
何事も明日は我が身・・・・・

ですよねぇ(-_-)
Posted by 闇カラ・・・ at 2009年03月09日 01:46
>闇カラさん
男性の乳ガンも、珍しいけどあるらしいですよ。
毎年ちゃんと健康診断を受けましょうね!
Posted by 卓男 at 2009年03月09日 06:27
こんばんわ、ながぬーです。

おおっ!「余命」見たのですね。
迷っている間に終わってしまいました(T_T)。

私は「感染列島」を見たのですが、普段の準備というか、心構え、備えるって大事だなと思いました。「余命」の方でも、乳がん検診の大切さを訴えていることでしょう。女性の方々が安心して検診できる環境を早く完備して欲しいですね。ウィルスもガンも人ごとではないのです。

ヤバイな。健康診断受けないと・・・。
Posted by ながぬー at 2009年03月10日 00:46
>ながぬーさん
ながぬーさんは、「感染列島」を見たのですね。
「感染列島」の病院ロケは、卓男の地元でやったのですよ!
Posted by 卓男 at 2009年03月10日 06:10
余命ですか、僕も見てみたかったですね
最近は全く映画見てないです
おそらくデスノートを見たのが最後かと
Posted by タケヤン at 2009年03月10日 06:11
>タケヤンさん
映画は見ようと思ってもなかなか行けないと、
終わってしまいますよね。
予告編を見ると、また映画を見に行きたくなりますよ。
Posted by 卓男 at 2009年03月10日 06:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115295862

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。