2007年05月02日

あらためて「うつ病について」 その2

昨日は昼寝したたものの、12時に就寝した卓男くん。
2時に覚醒して、眠剤を飲み足して、眠くなるまでと将棋の勉強をしていたら
朝になってしまいました...orz

少し落ち着きがないし、抜けているし、軽躁(そう)状態、注意報です!


他の方も、うつ病でも努力していらっしゃる方のブログを見つけました。
うつ病闘病日記
http://blogs.yahoo.co.jp/dym_sato

卓男くんとは違って、少し年輩の男性のようです。
奥さんから見たコメントが興味深いです。

卓男くんの家でも、いつも卓男くんが具合よくなると
家族が疲れるのです。
今までは単に偶然の周期かなと思っていましたが、
心配かけていた分ほっと気がゆるむのでしょうか。

「介護うつ病」もよく聞く話ですし、家族みんなで気をつけていきたいと思います。


--
親戚のおじさんが、長い闘病生活を心配して、うつ病の治療で有名な病院の新聞記事を教えてくれました。

飯塚記念病院・福岡県・精神科・うつ病・飯塚市・心療内科・統合失調症 ...
http://www.iizukakinen.jp/

前回、あらためて「うつ病について」その1で書いた、デイケアに積極的に
取り組んでいることに興味があります。
でも、陶芸とか今まで知らないジャンルを開拓するより、水泳、パンプトレーニング、将棋と見知った仲間の方と過ごす方が、
卓男くんにとってはいいリハビリになっているようにも思います。

でも他のうつ病の方と交流できる自助会についても調べて、
少し家族会議で検討してみます。

--
あと新聞で見つけた「月乃光司イラストとコラム心晴れたり曇ったり」
http://koware.cocolog-nifty.com/blog/2007/02/post_7f4f.html

というのがお気に入りです。
ぜひHPを見てみて下さい。

tukino2.JPG

月乃さんは、
高校入学時から対人恐怖症・醜形恐怖症により不登校になる。
引きこもり生活、通算4年間を過ごす。24歳よりアルコール依存症になる。自殺未遂、アルコール依存症により精神科病棟に3回入院。という経歴の持ち主ですが、今は講演活動をされているそうです。
公式HPより
http://blog.livedoor.jp/byoukidayo/

窓の外は青 アルコール依存症からの脱出!!窓の外は青 アルコール依存症からの脱出!!
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] 窓の外は青 アルコール依存症からの脱出!!
[著者] 月乃 光司
[種類] 単行本
[発売日] 2001-07
[出版社] 新潟日報事業..
>>Seesaa ショッピングで買う
posted by 卓男 at 06:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月30日

あらためて「うつ病」について

うつ病がテレビや本で多く取り上げられるようになりました。
分かりやすい本も、専門的な本もたくさん読んでみて、
だいたいのことは分かった(≒見たことがある)ようになりました。

ホームページで、分かりやすいサイトを見つけたのでご紹介します。

UTU-NET
http://www.utu-net.com/index.html

この中の
うつ病のおはなし
「ある村が、もしも100人のうつで悩む人だったら」
http://www.utu-net.com/utur/03/01.html
というのが、絵入りでとても分かりやすくて気に入りました。
pic_13.jpg
この絵が上記サイト上で使用されているイラストです。
(ご迷惑がかかる場合は、コメントでご連絡ください)

ストレス社会で誰にでもなるかもしれない「うつ病」、
周りにもいるかもしれません。
みなさんのご理解をよろしくお願いします。


卓男くんもうつ病の発症から5年と、長期患者になってしまったので、
いろいろ考えています。

京都新聞より
ストレス社会、脳鍛え防ごう
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070428-00000041-kyt-l26

一部抜粋しますと
認知症予防に、体や指を動かす▽ひきこもらない▽囲碁将棋など楽しく頭を使う−の3項目を挙げ...

ここでは認知症(旧称;痴呆症)を挙げていますが、ストレスが脳細胞を傷つけないように、卓男くんが将棋をがんばっているのはいいことのようです

(卓男くんの所属する)青山将棋倶楽部ホームページ
http://aoyama-syogi-club.seesaa.net/


あと沖縄タイムスより
長期うつにデイケア/精保センター県内初の試み
http://www.okinawatimes.co.jp/day/200509171700_01.html
うつ病デイケア長期患者に効果
http://www.okinawatimes.co.jp/day/200607271300_06.html


また調べたら報告します。
5月でスポーツジムを通じて社会に少しだけ顔を出したとはいえ、
きちんと職場復帰できるようがんばるって言ったらいけないけど
「がんばりま〜す!」←体育会系だから
posted by 卓男 at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月14日

代理母出産について その4

20070413-00000003-maip-soci.jpg

諏訪マタニティークリニックの根津八紘先生の「代理母公募」の
記者会見について、厚生労働省から意見が出ました。

<代理出産>公募「慎重に」…厚労相
4月13日10時57分配信毎日新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070413-00000025-mai-soci

 諏訪マタニティークリニック(長野県)の根津八紘院長が、代理出産を引き受ける女性を公募すると発表したことについて、柳沢厚労相は13日、現段階での公募に対する否定的な考えを示した。また、日本学術会議が現在、代理出産の是非を含む生殖医療のあり方を検討中として、公募への取り組みに慎重さを求めた。


また、
<代理出産>「7、8人が応募」根津院長へ電話やメール
4月14日3時1分配信毎日新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070414-00000008-mai-soci

こういう反響があるのも確かです。

是非は別として、子宮を他の赤ちゃんのために一時的に提供するというのは
究極のボランティアのひとつだと考えられると思います。

確かに、現行の法律ではついていけない段階に、技術の進歩が来てしまっているかと思います。

「慎重に」「法の整備を」と「(高齢化、癌などの病気で)時間がない」
という食い違い。
難しい問題です。

「少子高齢化問題」がいわれて久しいですが、
こういった「子供が欲しいけどできない夫婦」と「作りたくない夫婦」の
両面の問題を考えなければならないと思います。

プロポーズ―私たちの子どもを産んでください。プロポーズ―私たちの子どもを産んでください。
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] プロポーズ―私たちの子どもを産んでください。
[著者] 向井 亜紀
[種類] 単行本
[発売日] 2002-09
[出版社] マガジ..
>>Seesaa ショッピングで買う
posted by 卓男 at 05:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月13日

代理母出産について その3

タレントの向井亜紀さんのコメント発表からすぐに、こういうニュースがありました。


代理母ボランティアを公募へ=「祖母が孫」の試み他にも−根津院長
4月12日21時30分配信時事通信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070412-00000204-jij-soci


<代理出産>根津院長が暴走?ボランティア女性公募を発表
4月12日23時6分配信毎日新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070412-00000147-mai-soci


諏訪マタニティークリニックの根津医師は、
以前から先進的な不妊治療に取り組むことで有名ですが、
今回は、向井さんのコメントにタイミングをあわせたのでしょうか?

>専門家からは「代理出産する女性には危険が伴い、
>公募は問題だ」などの批判が上がっている。

>妊娠・出産中の事故に対応する補償制度についても
>保険会社などと検討するという。

献血などのボランティアと違って、まさに命がけのボランティアですね。
生体肝移植で、提供者が死亡した例もありましたし。
向井さん夫婦の件で、最高裁の判断が出た直後だけに、
まだ、なかなか一般には受け入れられにくいのではないでしょうか。

日本産科婦人科学会は、どういう対応を示すか注目です。

アメリカでは、代理母が産んだ子を返すのを嫌がって、裁判になったケースもありましたね。

10ヶ月間の不自由、不安感、そして男性では耐えられないと言われている、陣痛の痛み、出産時の自分の命の危険。
卓男くんならボランティア代理出産できないだろうなぁ。

21世紀なんだから、ブラックジャック先生が、
安全な人工子宮を作ってくれないかなぁ。
posted by 卓男 at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。